在校生と保護者の皆様へ

平成30年度部活動報告

科学部  文化祭企画 (8.31~9.1)

2018年9月13日

 今年はほんの少し部員数が増えたので、昨年から行っているウミホタルの発光実験に加えて、小出川の自然などを展示しました。これまでに記録した野鳥の写真や、夏休み中に採集した魚を見てもらいました。部員にとって初めての釣りで殆ど釣れなかったのですが、網では色々と掬えました。
ヨシノボリ類とフナがたくさん捕れました。お魚キラーを仕掛けたところ、ムギツクが一匹入りました。国内外来種です。野鳥とともに、継続調査すると面白いかもしれません。

 ウミホタルの青い光は今年もお客様には喜んでいただけました。神秘的な青い光、来年も行うつもりですので、是非ご来校の上、科学部の部屋までお越しください


吹奏楽部  湘南吹奏楽コンクール  銀賞受賞!

2018年8月23日


  湘南吹奏楽コンクール銀賞でした!今まで毎日努力してきたことを、全て出しきっていたみんなが
  とても輝いていました。本当にお疲れ様!野球部のみんなもお手伝いありがとう☆


 野球部  全国高校選手権 南神奈川大会の結果

2018年7月24日

7月13日(金) 対海洋科学高校  11- 4
7月16日(月) 対鎌倉学園高校   0-10


 サッカー部  全国高等学校選手権大会の結果

2018年7月24日

7月14日(土) 対サレジオ高校  0-1

   




科学部   うな丼の未来を考えた (高文連理科専門部主催行事)

2018年6月9日


  相模原の北里大学で、吉永龍起准教授による「うな丼の未来」についての講義を聴きました。バス停に集まったのっけから大学の大きさに驚く部員でしたが、何十年もかけてウナギの産卵場所を明らかにした准教授らの忍耐強さ・探究心にも感服した様子でした。  午後はキビナゴの解剖をし、双眼実体顕微鏡を用いて脳を観察したのですが、初めて使う器具が多く、なかなか難しかったようです。ただ、最後の質問コーナーではしっかりと答えてくれた部員もいて、顧問は心強くなりました。

科学部   海浜植生の保全活動 & 渚の生物観察

2018年6月9日


  ちょうど梅雨の晴れ間にあたった土曜日、茅ヶ崎漁港近くで行われた海浜植生の復元作業に参加しました。「SAVE JAPANプロジェクト」という催し物の一環で、昨年以来のお付き合いであるNPO「ゆい」の運営によるイベントです。藤沢清流高校の生徒さんと一緒に、ハマボウフウやハマヒルガオの苗を植えました。うちの強力な部員たちは、作業の少なさに物足りなさを感じたくらいでした。


  ありあまる若さを波にぶつけるべく、午後は寒川高校単独で渚の生物採集を行いました。打ち上がったアマモやミルから水の中の環境を推測し、落ちている貝を集めて砂浜海岸は二枚貝の生息が多いことを確認しました。部員に頼んだら美しいサクラガイを数十枚集めてくれて、顧問も童心に帰って喜悦しきりの週末でした。この自然を守って行きましょう!

科学部   竹林整備ボランティア・環境フェスティバルに出展

2018年5月6日


  GWの最終日、昨年に続いて竹林整備のボランティアに参加しました。これは藤沢市の「健康の森の整備事業」の一環として、環境保全活動をしているNPO「藤沢サンクチュアリ」の事業をお手伝いするものです。今年入部した一年生三人は初体験。汗を拭き拭き筍を取り除き、生えてる竹を切り、合計10本以上の竹を間引きました。竹細工でもするのか、二節ほど持ち帰った部員もおりました。整備スタッフのみなさんから部員へ掛け値なしの笑顔をいただきました。

2018年5月19日

 


  寒川町の環境フェスティバルに出展しました。本校の近くを流れる小出川の野鳥をまとめたものです。今年に入ってから調査し、現れた野鳥を表にしただけのものですが、続けていくことで何かみえてくるかもしれません。継続は力なり。
  小さな川なのですが、あまり見ない種が結構いたりするものなので、身近な自然を守らなければいけないと心新たにしました。

▲このページのトップに戻る